特殊清掃・孤独死現場清掃とは

特殊清掃・孤独死現場清掃とは主に「孤独死」「事故死」「事件死」等でお亡くなりになった場合に、変死体、腐乱死体がおられた場所の「清掃」「除菌」「消臭」「害虫駆除」「ご供養」「リフォーム」等の原状回復を行う事を指します。


この様な場合には、ご遺族様はもちろん、葬儀社や通常の遺品業者、清掃業者、ハウスクリーニング業者、便利屋等では対処しかねるほど、遺体の損傷が激しい場合もあり、現場には悪臭が漂い、染みついた汚れや臭いを清掃しようにも対応が出来ないという事が想定されます。

こうした場合には、一般的な知識や清掃で対処できる物ではなく、感染症の対策、二次感染の対策、専用薬品使用の知識、消臭・脱臭機材を使用した対応など、専門知識での清掃が求められます。

そうした専門知識が必要な場合の清掃業務を一般的な清掃業務と区別する意味で「特殊清掃」という言葉が使われております。

「遺品整理のはんしん」が安心の理由

  • 事件現場特殊清掃センター認定の「事件現場特殊清掃士」が在籍する優良事業所だから安心!!
  • 長年の廃棄物業界で培った感染症のノウハウによる経験と知識があるから安心!!
  • 感染症の知識を生かした対策をしているから、ご遺族や、近隣への二次感染対策に対しても安心!!
  • 除菌・脱臭が必要な時も知識と経験と裏付けされたプロの技術があるから安心!!
  • 事件現場特殊清掃士へのご相談・お見積りが無料だから安心!!

 

孤独死現場、事故・事件現場の危険性

なぜ、事件現場特殊清掃士に頼まなくてはならないのか?

孤独死現場、事故・事件現場等「特殊清掃」が必要とされる現場では、「悪臭」「体液の染みついた汚れ」「血痕」「ハエやウジ虫等の害虫の発生」また、「その死骸」等、皆さんが今まで経験した事のない状況が広がっております。

もちろん、ご遺体は運び出された後とはなりますが、お部屋に染み付いた汚れなどは、簡単に除去できる物では御座いませんし、皆様の経験された事のないような悪臭が充満している事も頻繁に御座います。

その臭い一つをとって考えても、想像できないほどの耐え難い悪臭の中、市販の消臭剤を撒いたとしても一時しのぎにもならず、状況を改善できるはずがないのです。

今挙げた状況で、ご遺体がすでに運び出されている場合でも体液や血痕が残ったり、害虫が発生したりする中、どの様な感染症があるかも分からない雰囲気の現場で、故人様に対しての想いのあるご遺族様はおろか、一般の遺品整理業者、一般の清掃業者、一般の便利屋では対応できないのが実情です。

そして、最も懸念されることが、「感染症」です。

ご遺体の状況や故人様の持病を把握していない場合などは、その現場全体の空気を含めて感染症に対する恐れがあります。正しい知識を持たずに入室してしまったり、清掃作業をしてしまったり、知識の無いまま現場臭いに耐え切れず、空気を入れ替えようと換気を行う事により、 清掃作業を行う方はもちろんの事、近隣の住人にまで感染症が蔓延するなど、知識の無いまま二次感染による感染症を拡散させてしまう張本人になる恐れさえあるのです。

現場によって状況は様々でしょうが、われわれ特殊清掃業を行う事件現場清掃士は、

ご依頼者様にご納得いただける様な清掃を行う為には正しい知識と技術が必要と考えております。

北海道札幌市の「遺品整理のはんしん」は、「一般社団法人事件現場特殊清掃センター」で認定を受けた「事件現場特殊清掃士」が在籍しております。

また、「遺品整理のはんしん」は長年に渡り廃棄物処理機の製造や開発に携わってきた社長が北海道札幌市を拠点として誕生させた専門業者です。
廃棄物の中でも病院等から排出される医療系の感染性廃棄物を専門で処理するシステムを手掛けてきた経験により、感染症に対する対策や防護方法を熟知している為、ご依頼者様はもちろん、作業員に対する教育、現場付近の方への影響にも配慮致します。

「遺品整理のはんしん」の社長は、その知識と技術、実績を認められ、 「一般社団法人事件現場特殊清掃センター」 から、特殊清掃の現場で講師を依頼され、新たに事件現場特殊清掃士になろうとする方に事件現場特殊清掃士としての指導をするほどです。

 

特殊清掃・孤独死現場清掃 における除菌・脱臭とは

脂質、タンパク質等の集合体である人間の体は、腐敗が始まると様々な物質が発生します。
アンモニア、インドール、スカトール、硫化水素、揮発性アミン、メルカプタン、脂肪酸、酪酸、吉草酸、プトレシン、カダベリン、プロピオン酸…さらにこれらの結合等の組み合わせも含めれば数えきれないほどです。

この様々な物質は「悪臭」「腐敗臭」と総称されており、例えるものがないほどの強烈なにおいを発生させます。

このにおいが発生してしまうと、その発生源にあるもの全てに臭いが付着し、さらに発見が遅れた場合、腐敗臭を放つ体液が建築物の内部へと染みこんでいき、表面的にきれいになってもにおいが収まらない、といったことも発生します。これらのにおいは多種多様な物質が混ざり合って出来ているので、市販の消臭剤で解決することは不可能です。

「特殊清掃」の現場では、作業に入る前に空気中に漂う感染症の恐れがある「菌」をまず「除菌」いたします。そして、体液や血痕が染みついた箇所には、入念に専門の薬液を散布することにより、まずは感染症の危険性を取り除きます。

この時、体液や血痕が染み付いている個所も除去致します。状況によっては、表面だけじゃなく床等に染み込んでいる場合もあります。この場合は、完全に取り除くために、床等を剥がして下地まで薬液を散布しないと臭いの元は取り除けません!

特殊清掃・孤独死現場清掃 における消臭とは

「特殊清掃」の現場では、特に臭いがきつい場合は、臭いの原因を取り除き(布団や絨毯、壁紙や床材等)、専門の薬液を使用して除菌・殺菌を行った後、特殊清掃に特に有効な専用のオゾン脱臭機を使用して数日間に渡り脱臭をしてから作業にとりかかる場合もあります。

これは様々な現場を経験している事件現場特殊清掃士である我々でも、その対応が必要と感じた場合になりますが、このようなケースは部屋を閉め切っていても、悪臭が漏れている事が多く、近隣に迷惑をかけないよう一刻も早く臭いを押さえる必要があるからです。

そして、物の搬出が終わった後も状況によっては、数日から1週間以上も、同様のオゾン脱臭機を使用した脱臭を行う事によって、皆様が現場に入れる程までに臭いが除去できます。

特殊清掃・孤独死現場清掃 作業動画


お客様専用ダイヤルです!お気軽にお問い合わせください!011-522-7816受付時間 9:00 - 18:00

メールでのお問い合わせはこちら ご相談・お見積りは無料です!!お気軽にお問い合わせください。