遺品整理のはんしんの除菌・消毒とは

「特殊清掃・孤独死現場清掃」の現場だけではなく、例えば昨今メディアでも話題となっている

「ごみ屋敷」「ペットを飼っているお部屋」などでも、その臭いや悪臭で近隣から苦情が発生したり、

撤去や退去の際に臭いが取れずに困っている等、
様々な状況でのご依頼があります。

この様な状況もにおいの原因は、大気中や壁紙床材等に染み付いた菌汚れからなる菌が原因であることが多く、

除菌・消毒作業が必要となります。

場合によっては、他業者に 「特殊清掃・孤独死現場」の清掃を依頼したが、経験や知識が不足していることから、「遺品整理のはんしん」に脱臭の依頼をしてくるなんて事も多々あります。

こうした場合も市販の消毒液や消臭剤では改善が難しい事がほとんどであり、「特殊清掃・孤独死現場清掃」同様
専門の薬液を散布することにより、大気中に残存している菌の除菌や、臭いの原因となる部分をっ探し出し除菌・消毒作業を行います。

もし、お部屋の臭いが気になるという事が御座いましたら、お気軽に「遺品整理のはんしん」までご相談ください!!

遺品整理のはんしんの脱臭

「特殊清掃」の現場だけではなく、「ごみ屋敷」「ペットを飼っているお部屋」などでは、悪臭が漂うため除菌・消毒だけでは臭いが除去しきれない場合もございます。

その様な場合には、さらに追加で専門のオゾン脱臭機を使用して部屋中にオゾンを充満させ脱臭を行う場合がございます。

オゾンの酸素分子は安定していないため、酸素原子がすぐに離れようとします。
悪臭などの何かほかのものに触れると、この酸素原子はニオイ物質と融合します。
これを酸化と言い、このオゾンの酸化力は、塩素の約6倍。
強力な脱臭、殺菌効果があります。(フッ素に次ぐ強力な酸化力です。)
そのため、オゾンは多くの分野で、脱臭、殺菌、漂白、洗浄等に活用されています。

●オゾンは自然界にも極微量に存在しています。
これは太陽の紫外線などにより生成されるためで、森林や浜辺では濃度が高くなる場合があります。

●使用後のオゾンは自己分解して酸素になるので、二次公害の心配はありません。日本では近年、水道局での高度浄水処理にも活用される事例があります。

●高濃度のオゾンは殺菌力が非常に高く、さらに残留をしないので、
日本では食品添加物として認可されています。

●オゾンは物質を酸化させる力が非常に強く、さらに殺菌効果が変わらず耐性菌もできません。

市販の消臭剤等を使用しても全然臭いが消えないだとか、他社にお願いしたけど臭いが消えなかった等、お悩みの方がいらっしゃいましたら、お気軽に「遺品整理のはんしん」までご相談ください。

ご利用料金に関しましては、「特殊清掃ご利用料金」に準拠しておりますので、ごちらからご覧下さい。

サービス案内

お客様専用ダイヤルです!お気軽にお問い合わせください!011-522-7816受付時間 9:00 - 18:00

メールでのお問い合わせはこちら ご相談・お見積りは無料です!!お気軽にお問い合わせください。