●「遺品整理のはんしん」としての企業努力

北海道札幌市の遺品整理士「遺品整理のはんしん」の石岡元です。

「遺品整理のはんしん」のブログをご覧になって頂いているお客様、ありがとうございます。

札幌市の遺品整理専門業者「遺品整理のはんしん」の遺品整理士、石岡元でございます。

先月の出来事になりますが、札幌市内のお客様からお見積のご依頼を頂き、現地お見積に行って参りました。

お客様のお母さまがお亡くなりになり、

ご実家の遺品整理をするのでお見積もりをしてほしいとのご依頼です。

作業場所となるご実家は4LDKの一軒家で、

ご遺品の整理が終了後、ご依頼者様がお住まいになられるとの事でした。

故人であるお母さまは、かなりの着道楽だった様で着物や洋服など衣服の量がかなりありました。

1階には、衣服類の他にタンスや小物入れ、ダイニングテーブルやリビングのソファーセット、

電子レンジや細かい家電品等がありました。


2階には寝室と洋室が2部屋あり、

寝室にはベッド、寝具、クローゼットに衣類とタンスの中には布団の他に衣類もありました。

2部屋の洋室には、ご家族がその昔住まわれていた名残があり、

パイプベッドやスチールの机が各部屋に遺されており、

小物類や使わなくなった物、他には季節違いの衣類置き場にも使われておりました。

詳細に確認させて頂いたのですが、なかなか「遺品整理のはんしん」で買い取れる品物が少なく、

廃棄せざる負えない物が多くあった状態でした。

その様な状況ではありましたが、何とかご依頼者様のご要望、ご希望にお答え出来る様お見積を行いました。

出来得る限りの範囲のお見積をご提出いたしましたが、

結果としては残念ながら受注には至りませんでした。

ご依頼者様は、他社にもお見積依頼を出されている事はお伺いしており、

その相見積もりで結果が出た訳ですが、

「遺品整理のはんしん」にご依頼するかどうかはお客様の判断ですので、

受注出来ない事は多々御座います。

もちろん、それはおお客様にお選びいただけなかった「遺品整理のはんしん」の

企業努力が足りないからに他なりません。

 

企業努力には様々なアプローチがあると思っております。

「遺品整理のはんしん」では、お客様に「ありがとう」と言ってもらえるサービスを行い、

遺品整理という仕事を、ただのごみ処分業者にはしたくないという思いで行っております。

「遺品整理のはんしん」では故人様の遺品を一つ一つ丁寧に選別を行い、

ご遺族様にとって必要な物、故人様がご遺族様に伝えたかった物、

故人様が繋ぎたかった想いを見逃さずお渡しするサービスを徹底しております。

「遺品整理のはんしん」は業界の中でもかなり低価格に設定していると自負しております。

ですが、正規の手続きを行わない悪質業者等との価格競争に乗って、

ただ仕事を取れば良いという、故人様やご遺族様の心をないがしろにする事は出来ません。


遺品整理という業界は、まだまだ認知度が低い業界でもあり、

基準の統一も完全には出来ていない業界であります。


だからこそ、様々な業者が参入し、悪徳に高額請求を行ったり、値段を下げて仕事を取り、

遺品は違法に廃棄したり、中には遺品の中から現金や高額な商品を見つけ出しても、

報告、返還することなく横領したりする業者も後を絶ちません。

その様な業者は排除しなくてはなりません。

 

今回はお客様のご要望にお応えする事が出来ず、

残念な結果になりましたが、 この結果を踏まえ、更なる企業努力を行って参ります。

「遺品整理のはんしん」の企業努力は正しい知識と健全なサービスを適正価格で行い、

故人様とご遺族様の想いや心を繋ぐお手伝いを行い、この業界の認知度の向上と健全化を図り

業界のリーディングカンパニーになるべく、お客様に喜んでいただけるサービスを目指して参ります。

 

株式会社 絆心

遺品整理、生前整理、終活は札幌の遺品整理専門業者「遺品整理のはんしん」まで特殊清掃も札幌市の「遺品整理のはんしん」までご用命ください。

お焚きあげ・ご供養・お祓い等も、お問い合わせください。

※福祉施設、ケアハウス等の遺品整理や、福祉施設やケアハウス等にご入居時の福祉整理・生前整理、老前整理のご依頼もご対応いたします。

遺品整理のはんしんの最新情報をお届けします

亜臨界水 高温高圧廃棄物処理 GCEーSYSTEM

廃棄物を限りなくゼロへ。豊かな地球環境を守るために。
一般廃棄物から医療系感染性廃棄物まで、廃棄物を直接燃焼せず、 亜臨界域の高温高圧の蒸気を利用した加水分解方式のGCE-SYSTEMという廃棄物処理システムを作っている会社です。